新木商事死亡事故(2) やはり原因は、過労運転?

新着記事

新木商事死亡事故

平成29年10月1日、神奈川県横浜市の首都高湾岸線で株式会社新木商事のトラックが乗用車へ後方より追突する大きな事故がありました。

その事故で、当時21歳の私の息子・臼井翔が死亡、乗用車へ乗っていた他4名も重軽傷を負いました。

このページは、その死亡事故から8日後に新木商事社長と加害者ドライバーと新木商事従業員が私共の自宅へ訪れた際の会話の内容(新木商事死亡事故、加害者達の証言【首都高湾岸線】に掲載)
の続きです。(新木商事総務部 部長の細川さんと、同広域事業部 部長の佐藤さんとの会話)

事故の詳しい内容などについては、新木商事死亡事故、加害者達の証言【首都高湾岸線】をご覧ください。

新木商事総務部 部長の細川さん、同広域事業部 部長の佐藤さんとの会話

新木商事が起こした死亡事故は他にもあった

臼井翔の父:あと、 新木商事さんて、昔にも死亡事故起こしてんの?

新木商事 細川:はい

臼井翔の父:それいつ頃の話?

新木商事 細川:‥‥

臼井翔の父:それ聞いちゃいけないのかな?
答えなくてもいいのかな?
答えられないのかな?

新木商事 細川:正確にはちょっと私も。。
(死亡事故が)あったのは間違いなく

臼井翔の父:いつ頃でしたっけ?
さっき社長さんに聞こうと思って忘れちゃったんだけど。。

新木商事 細川:7年とか、8年とか、詳しいことはちょっと。。

臼井翔の父:(細川さんは)何年働いてんですか?新木商事さんで。

新木商事 細川:15年ですね。

臼井翔の父:何年前じゃなくてもいいよ。
じゃあ、何人死んでどうゆう事故だったんだかっていうのくらい覚えているんでしょ?

新木商事 細川:自分の記憶の中で2名です。

臼井翔の父:知らないんですか?

新木商事 佐藤:はい、私は多少わかります。
内容としては、深夜県道を走っていたところ、歩道を自転車で走っていた人が酔っ払ってよろめいてトラックの直前に出てきてしまって跳ねてしまった事故がありました。

臼井翔の父:それで2名?

新木商事 佐藤:いや、それは1名です。
もう1名は、私も入るずっとまえの話だと思うんですが、暗い県道を走っていた時にコンビニから男性が飛び出してきて接触した事故がありました。

臼井翔の父:じゃあ、高速道路では初めてってことですね?

新木商事 佐藤:おそらくそうだと思います。

臼井翔の父:今まで?

新木商事 佐藤:おそらく。。


新木商事に15年間従事されている細川さんの記憶によれば、今回(2017年)の死亡事故以外に2件の事故で2名の方が亡くなられているようです。
新木商事・佐藤さんの証言では、これらの死亡事故に新木商事側は非が無いようにおっしゃられていますが、新木商事の労働環境や他の会話の内容などもいろいろ伺っていると、新木商事のドライバーにも落ち度があったのではないかと、大変疑問に思います。

新木商事死亡事故

死亡事故を起こした加害者ドライバーの労働環境について


【以下文章は↑動画の4:34〜】

臼井家親族:新木商事さんて健康診断やってます?

新木商事 佐藤:はい

臼井家親族:毎年定期的にやってます?
芹沢さん(加害者ドライバー)て受けてます?ちゃんと。

臼井翔の父:芹沢さんて、(新木商事に)いつ入ったんです?

新木商事 佐藤:おそらく6年くらいまえだと思います

臼井翔の父:6年働いているへー

臼井家親族:当日は芹沢さんは何時出勤だったんですか?

臼井翔の父:それはもう聞いている

臼井家親族:いや違います、シフトです。
何時から何時まで勤務予定だったんですか?

新木商事 佐藤:2時半から

臼井家親族:2時半?

臼井翔の父:3時21分って言ってたよ

新木商事 細川:いや違うんです。大変申し訳なかったんですが、あの
聞いた時にですね、ちょっと、お伝えすることが、後でわかったことなんですが、1時間ずれていたということです。

臼井家親族:なんで言わねえんだよ

新木商事 細川:記録がその時に、データがまあ

臼井翔の父:じゃあ、点呼するってどうやってやるの?
具体的に教えてください。前に誰かいるの人間が?

新木商事 佐藤:いや、いないです。
IT点呼というのを使っていまして、本社の運行管理者と、

臼井翔の父:TV電話みたいの?

新木商事 佐藤:あ、そうです。で、アルコールを吹いて。

臼井家親族:オンラインてことですか?

新木商事 佐藤:そうです

臼井翔の父:その記録って残んないの?

新木商事 佐藤:残ります。

臼井翔の父:残んの?
それ、協力して警察に出してくれんの?出します?
それ顔も写っていること?

新木商事 佐藤:もちろん

臼井翔の父:2時半なの?

新木商事 細川:はい、2時31分..申し訳ございません。

臼井翔の父:じゃあ、(事故が起きたのは)4時間後ってことだよね?

臼井家親族:彼(加害者ドライバー)はどこに向かっていたんですか?

新木商事 佐藤:川崎、東扇島です

臼井家親族:どこから?

新木商事 佐藤:町田から

臼井翔の父:鳥浜じゃないの?

新木商事 佐藤:鳥浜出発して、東扇島で積んで、町田で降ろして、もう一度東扇島に戻る途中です

臼井家親族:車は空だったんですか?
芹沢さんは前日も勤務だったんですか?

新木商事 佐藤:はい

臼井翔の父:それ何時から(出勤)?

新木商事 佐藤:先日は3時ですね
3時から17時ですね

臼井翔の父:3時〜17時ってきついな、17時って14時間ってこと?
3時〜17時でね、5時(17時)まで働いて何やかややって、
急いで帰っても横須賀だから、鳥浜から帰るでしょ、
40分くらいかかるとするよね。
家に帰って、憶測ですよ
7時ぐらいにまあまあ、6時ぐらいに家着いたとして
なんやかや飯が7時ぐらい食べて
2時半(翌日)に出勤ってことは、もう1時ぐらいに起きてなきゃいけないんじゃない
1時半とか、最低でも、
6時間くらい、すごい間隔少ないな。


のちの取り調べなどで判明したことですが、加害者ドライバーは事故があった平成29年10月の前月(9月)は300時間をゆうに超えた拘束時間で新木商事に勤務しているといことでした。

新木商事勤務時間

さらに歯痛が原因で事故前日からほとんど睡眠を取れていない状態で運転していたことまでわかりました。

また、加害者ドライバーは平成29年10月1日の事故直後の警察への上申書には「居眠り運転をした」と証言していました。

しかし、1週間後に私の自宅へ訪問した時から、「記憶がない、居眠り運転はしていない。」と証言を一転したのです。

裁判が進み、ドライブレコーダーなどを調べたところ、ふらつき運転が異常に多いことなどから、最終的には新木商事ドライバーの「居眠り運転」が事故の原因ということになりました。

そして、事故から約1年半後の平成31年3月21日 (木)、東京高等裁判所にて新木商事の加害者ドライバーは2年の禁固刑を科されることが決定しました。

新木商事は、「居眠り運転」の原因となるような過酷な労働環境と管理で従業員を働かせておきながら、加害者ドライバー芹沢の最後の公判に、新木商事の社員達は誰も訪れていないようでした。

新木商事死亡事故

新木商事加害者ドライバーの違反歴について

【以下文章は↑動画の8:37〜】

臼井家親族:芹沢さんは、6年間働いていて違反歴とかあるんですか?

新木商事 佐藤:違反歴までは、私把握していませんが、
義務上、仕事の中ではないですね。大きなことはないですね。

臼井翔の父:個人的なことではあるかもしいってことですよね?

新木商事 佐藤:3年に**義務なので免許記録は取るんですがはっきり暗記はしておりません。

臼井翔の父:そのデータもいただけません?
芹沢さんの違反歴みたいの、ダメですかね?

新木商事 佐藤:私、 判断しかねるので、すいません。

臼井翔の父:それはもう個人情報として出せないってことですよね
芹沢さんの個人情報だから無理だって言ってんですね
私の判断では出せないと‥

新木商事 佐藤:本人なり、会社の判断‥

臼井翔の父:じゃ、俺が芹沢さんに聞けばいいのかな?

平成29年10月1日時点の新木商事ドライバー通違反歴、違反内容等

新木商事ドライバー違反歴とトラック

↑左は新木商事加害者ドライバーの交通違反歴、右は実際に事故を起こした新木商事の3tトラック

(1)平成29年10月1日事故/安全運転義務 神奈川県高速道路交通警察隊
(2)平成26年7月18日信号(赤色等)神奈川県横須賀警察署
(3)平成26年1月27日 ベルト装着義務 神奈川県金沢警察署
(4)平成25年8月12日携帯電話等(保持) 神奈川県高速道路交通警察隊
(5) 平成25年1月13日指定速度25未満 神奈川県第一交通機動隊
(6)平成24年11月2日通行禁止警視庁下谷警察署 神奈川県第一交通機動隊
(7)平成24年5月20日 ベルト装着義務

6 照会日現在の行政処分の有無及び予定、行政処分内容等

(1)平成26年8月20日停止60日/短縮30日(平成26年9月18日まで)
(2)平成25年2月14日 停止30日/短縮29日 (平成25年2月14日まで)

新木商事広域事業部 部長の佐藤氏が言うには、違反歴までは把握していないが、仕事の中では違反はしていないと思う、大きな違反はしていないだろうということでした。

しかし、のちの裁判などで発覚したことですが、今回の事故を起こした新木商事の加害者ドライバーは、確かに仕事中の交通違反はなかったのかもしれませんが、勤務時間外の交通違反が多いことがわかりました。

新木商事に入社してからも、数多くの違反歴があり、ブレーキ操作のミスによる追突事故なども起こしており、新木商事入社後まもなく2回も運転免許停止処分を受けています。

新木商事死亡事故
加害者ドライバーは、もとから、意識が散漫しやすい方なのでしょうか。

それとも仕事が過酷すぎて、会社からの帰宅時に居眠り運転をしてしまっていたのでしょうか?

3tもある大きなトラックをこのようなドライバーへ普通に運転させていることを考えると、新木商事という会社の従業員への指導や管理にはかなりの疑問を抱いてしまいます。

また、免停中は有給を消化して仕事をお休みしていたと言っておられましたが、本当にお休みされていたのでしょうか?

新木商事という会社は労働環境が厳しいことから、常に従業員不足であることも伺えます。1人の従業員が2年も連続して30日の免停で有給など使ってお休みをされたら、かなりの痛手だと推測されます。

万が一、作業日報などをごまかして働かせていたら大変なことですよね。

新木商事、誠意もないのに何故謝罪に来られたのだろうか?

【以下文章は↑動画の8:19〜】

臼井翔の父:連絡の窓口、警察窓口どういう風に思ってます

新木商事 佐藤:はい、こちらが悪いと思ってます。

臼井翔の父:だから、100%悪いと思ってる?
別に俺が言ってるのは、俺、警察じゃないから、わかります?
悪いと思ってんだったら、100%悪いですって言えないの?何で言えないの?
言えないの?言えません?
じゃ、なんかうちに過失があるんですか?停まってたからいけないんですか?
停まって外に出てたからいけないんですか?
どっち?

新木商事 佐藤:保険屋の方からそういうのに関しては、喋らないでと言われたんですが、
私個人の見解としては、こういう立場ならなきゃ、わからないかということです、
私も考えましたら、こちらは全面的に悪いと思います。

臼井翔の父:全面的に悪いということは100%悪いということですよね?
分かります?どうなんですか?(細川へ尋ねる)

新木商事 細川:まあ、大事な命を奪うほどの行為があったということで、
やっぱり反省する点は、私どもの運転する側に大きな問題があって、
100%近いものがあったという風に判断‥

臼井翔の父:だから、100%近いものってさ‥それは誠意じゃないよ。
分かってる?俺も病院に行った時の対応もさあ
俺もまだね、半信半疑で運ばれてるって言って
死亡だって言われてたけどね、行ってみるまで
何か、あってくれればいいなと思ってたのね
目の当たりに見てさね、自分の子供が死んでんだよ、目の前で。
わかる?ねえ?

あとさあ保険屋に言うなとかって言われてるかもしんないけどさ
その保険屋どこ?

新木商事 佐藤:三井住友です。三井住友です。

臼井翔の父:舐めたこと言ってんな。本当に。
あともう1回聞きたいのは小宮さん
小宮さんの昨日言ったことでなんか言ってることって何か教えてくださいよ。

新木商事 細川:小宮様のところへ謝罪へ伺った時に、「私の所よりもまずは、臼井様のところに言っていただきたかったと。」


以上が、新木商事の総務部部長の細川さん、同広域事業部長の佐藤さんの2人が、事故の8日後に私の自宅を訪れた際の会話です。

全く誠意のない形だけの挨拶でした。

新木商事の2人(細川さん・佐藤さん)は保険屋(三井住友海上火災保険)の担当者に「あまり余計なことは言うな。」と口止めされていたということでした。

人の命を奪っておきながら、自分たちの過失を認めずに被害者遺族へ謝罪の挨拶に来るという常識的には考えられにくい行動でした。

人の命を奪い謝罪に来たのならば、嘘でも自分たちが悪かったと素直に謝られるのが常識だと思われませんか?

しかし、このようなおかしな現実が死亡事故を起こしてしまった加害者ドライバーと彼が働く運送会社の行動です。

そして、私たち遺族は、やり場のない怒りと悲しみを抱えながら生きていくという現実の中にいます。

コメント